Power Bar -power to pushHOME ホームNEWS&REPORT ニュース&レポートPRODUCTS プロダクトATHLETE アスリートWEB SEMINAR WebセミナーBLOG ブログWEB SHOPSHOP LIST
NEWS&REPORT ニュース&レポート

レポート

第28回全日本トライアスロン宮古島大会に協賛しました!

 すっかりと御馴染みになったパワーバーブース。今年も定位置でパワーバーブースを設置させていただきました。

 今年もパワーバー販売とともに様々なセミナーを開催しました。まずは金曜日、パワーバー契約コーチ宮塚英也さんと中島靖弘さんによる「宮古島完走術」そして昨年度優勝の酒井絵美選手を加え「栄養補給講座」を行いました。



 前日は朝からフル回転。毎年恒例となっている「モーニングラン&ストレッチ」と初参戦の方を対象にした「宮古島完走アドバイス&トラジッションツアー」(宮塚さん、中島さん、パワースポーツ)では、実践アドバイス、スタートまでの流れを解説。お昼からのスイムクリニックはプールで「レースで使えるドリル練習」、海に移動して「バトルに負けない実践トレーニング」(中島さん、宮塚さん)を行いました。夕方からレース前効果的な「ストレッチ」(中島さん)、最後に「バイクトラブル解消講座」(宮塚さん、メイストーム)を開催しました。



 今年の気温は平年並みでしたが湿度が高く、暑さとの戦いになりました。スイムパートはいつもより逆潮で、途中で設けている関門(1700m:50分)で惜しくも制限オーバーになる選手も。バイクパートは風も弱く比較的よいコンディションで走れた様子でした。選手を苦しめたのはランパート。灼熱の太陽に晒された選手たちは、エイドステーション毎に水をかぶり、火照った身体を冷やしながらの戦いでした。それでも完走率は83.7%と1,470名中1,231名が感動のフィニッシュを迎えることが出来ました。

 トップ争いは男子はスイムから終始トップを譲らず、ウクライナのBlokhin Anton選手が優勝。女子はバイク、ランと圧倒的な強さを見せたドイツのGoertz Beate選手が優勝しました。



PowerSportsから瀧地秀明、小林聡、そして滝川次郎の3名が参戦。無事にフィニッシュすることができました。



 2012年の宮古島が終りました。2013年宮古島まであと12ヶ月。無理のないトレーニングを日常的に続ける自信があれば、今からはじめても来年の参加も夢ではありません。あなたも宮古島への一歩を踏み出してみませんか!



大会データ


天候 曇り時々晴れ
最高気温 26.6度
水温 23.6度
出走者数 1470名(男子1293名/女子177名)
完走者数 1231名(男子1104名/女子127名)
男子優勝
Blokhin Anton ウクライナ 8:06:54 [スイム0:37:48/バイク4:04:56/ラン3:24:10]
女子優勝
Goertz Beate ドイツ 8:34:31 [スイム0:48:54/バイク4:16:12/ラン3:29:25]

レポートのトップへ




▲このページのTOPへ