Power Bar -power to pushHOME ホームNEWS&REPORT ニュース&レポートPRODUCTS プロダクトATHLETE アスリートWEB SEMINAR WebセミナーBLOG ブログWEB SHOPSHOP LIST
NEWS&REPORT ニュース&レポート

レポート

【アスリートレポート】戸取大樹選手
世界スピード選手権

 2012年9月7日から16日までイタリアASCOLLIで開かれた世界選手権に参加してきました。世界50カ国から300人あまりのトップスケーターが集まり、熱狂の2週間が始まりました。

 イタリア開催というのはスケート界において少し特別です。もともとスケートが盛んな国で、ワールドチャンピオン、世界記録保持者を何人も輩出しています。観客も、レースをよく知っているので会場の盛り上がりは半端ではなく、地元選手が活躍を見せたときの歓声には圧倒されます。

 会場となったASCOLLI地方は、ビーチ沿いの保養地で、穏やかなアドリア海にさんさんと降り注ぐ太陽、カラリとした気候で、とても過ごしやすいところです。ただ、寒暖の差は激しく、日中40度近くなったかと思うと夜はジャケットが必要なほど寒くなりました。
世界選手権は3つの競技があり、前半3日間がトラック競技、中日を挟んで3日間のロード競技、最終日にマラソンが行われます。強豪国の中には「ロードだけ」「短距離だけ」など分けたりもしていますが、多くの選手はそれぞれ数種目ずつ出ることになります。

 今回の日本チームはシニア男子2、ジュニア男子3、ジュニア女子1、と少なめでした。一種目2名まで参加可能なため、シニア枠の僕はリレーを除く全ての競技・種目に出場しました。

【トラック競技】(1周200mのバンクトラック)

300mタイムトライアル
500m 
1000m
10000mポイント・エルミネーションレース
15000mエルミネーションレース
3000mリレー(3人)

【ロード競技】(1周400mのアスファルト路面のコース)

200mタイムトライアル
500m
10000mポイントレース
20000mエルミネーションレース
5000mリレー(3人)

【マラソン競技】(市街地道路)

42.195km

【結果】

■トラック
300m 
  45 JPN Hiroki Totori 27.724 
500m 
  40  TOTORI HIROKI JPN   45,503
1000m
  45  TOTORI HIROKI JPN 1:30,913
10000mポイント・エルミネーションレース
  37  Totori Hiroki
15000mエルミネーションレース(予選突破)
  34 JPN Hiroki Totori 

■ロード
200mタイムトライアル
  46 JPN Hiroki Totori 18.700
500m
  41 TOTORI HIROKI  JPN  44,975
10000mポイントレース
  44 JPN Hiroki Totori
20000mエルミネーションレース
  43 TOTORI HIROKI JPN

■マラソン
  60位 戸取 大樹

  レースは例年通りかなりの高速レースとなり、トラック(200m)で17秒ラップ、ロード(400m)で30秒ラップ前後でした。完走すれば日本記録というレースばかりでしたが、なかなか良い結果には結びつけられませんでした。
 ロード最終種目の10000mポイントレースは、土砂降りの雨の中での開催となりましたが、スピードはほとんど変わらず、改めて世界の選手の強さを見た気がします。
 まだ勝ち負けのレベルに到達できていないのが現状です。しかし昨年に比べて、よりレースに参加している手応えは実感しました。来年の世界選手権(ベルギー)に向けて再度立て直していきます。

TOKYO DOME ROLLER×SKATE ARENA所属 戸取大樹



レポートのトップへ




▲このページのTOPへ