Power Bar -power to pushHOME ホームNEWS&REPORT ニュース&レポートPRODUCTS プロダクトATHLETE アスリートWEB SEMINAR WebセミナーBLOG ブログWEB SHOPSHOP LIST
NEWS&REPORT ニュース&レポート

レポート

【アスリートレポート】酒井絵美選手
第22回 長崎西海トライアスロン IN 大島大会

日時 2014年7月13日
場所 長崎県西海市大島町
距離 Swim 1.5km/ Bike 40km/ Run 10km


長崎西海トライアスロンIN大島大会。今年で第22回目となる歴史のあるレースです。
毎年楽しみにしているレース。今年も招待選手としてエリートの部に出場させていただきました。
大会当日は大雨注意報、雷注意報が発令していて、天候が危ぶまれましたが、奇跡的に雨が降りませんでした。
スイムとバイクは通常通りに行われましたが、ランコースの一部が通行止めになり短縮になりました。

スイムは2分ごとのウエーブスタート。エリート女子は第2ウエーブでスタートしました。
湾内を泳ぐスイムコースは例年はべた凪なのですが、今年は風が強かったこともあり波はうねっていました。
トップの選手と3分差でスイムを終了しました。

バイクパートは島を2周。アップダウンあり、下りもテクニカルで常に集中を必要とするコースです。
バイクを得意とする東選手との差をバイクパートでいかにして縮められるかがこのレースのポイントでした。
バイクは40kmといつも走る距離と比べて短いので、ロングのペースに落ち着かないように、最初から全開にプッシュしていきました。
3分あった差をバイク終了時までに1分30秒差まで縮めることに成功し、2位でランへ移りました。

ランパートが短縮になってしまったので、とにかく早い段階でトップに立つことを考えました。
中盤で東選手を捉え、そのままトップでフィニッシュ。優勝することができました。
ランは毎日のドリル練習とフォームの見直し。走り込みの成果が表れて、久しぶりに納得のいく走りができました。

4月の宮古島大会を終え、5月と6月はレース出場を控えてトレーニングに集中してきました。
体調も良い時の状態に戻ってきており、健康な状態で毎日ハードなトレーニングを積めることの喜びを感じています。
5月、6月にしっかりトレーニングを積むことができたので、来月のアイアンマンジャパン北海道大会でどんなレースができるのか!? 楽しみです。
あと残り1ヶ月強、準備していきます。

今後とも応援を宜しくお願い致します。

2014年7月17日
株式会社 ライムメンバーズ 酒井絵美

リザルト
順位 選手名 スイム バイク ラン 総合タイム
1位 酒井絵美(群馬県) 27:19 1:05:13 19:30 1:52:02
2位 東 夏海(長崎県) 24:06 1:06:36 23:00 1:53:42
3位 境 優希(長崎県) 24:42 1:17:31 24:31 2:06:44

バイク: SCOTT Plasma Premium
ハンドル: Shimano PRO ミサイルEVO TTバー
コンポーネント: Shimano Dura-Ace 9070 Di2
ペダル: Shimano PD-9000
ホイール: Shimano WH-9000 フロントC50 リアC75
バイクシューズ: Shimano SH-TR71(カスタムモデル)
ヘルメット: Kabuto KOOFU WG-1 ARC
補給食: パワージェル、TOP SPEED
レースウエアー: 2XU LongDistance Tri Singlet, Tri Short, Performance Low Rise Socks
時計:GARMIN ForeAthlete 910XTJ
ランシューズ: On Running CLOUD RACER
ドリンク、サプリメント: Kentai BCAAシトルリン、塩サプリ、スポーツドリンク
メカニックサポート: Shimano, メイストーム
バイクフィッティング:Retul,BIKEFIT(サンメリットバイクスタジオ)
サングラス: Smith Optics PIVLOCK V2

レポートのトップへ




▲このページのTOPへ