Power Bar -power to pushHOME ホームNEWS&REPORT ニュース&レポートPRODUCTS プロダクトATHLETE アスリートWEB SEMINAR WebセミナーBLOG ブログWEB SHOPSHOP LIST
NEWS&REPORT ニュース&レポート

レポート

【アスリートレポート】酒井絵美選手
第31回 全日本トライアスロン宮古島大会

日時 2015年4月19日(日)
場所 沖縄県宮古島市
距離 Run 6.5km / Bike157km / Run42.195km(悪天候の為スイム中止)


自身12回目となる宮古島大会に出場してきました。
大会4日前に現地入り。やはり宮古島は暑かったですが、先月にフィリピンでの暑いレースを経験していたので、暑さに対する心配はありませんでした。
身体の調子が良く、早くレースがしたいと当日をとても楽しみにしていました。
レース当日は朝から雨と強風で波乱の幕開けとなりました。案の定、悪天候の為スイムが中止になり、スイムの代わりにラン6.5kmのデュアスロン競技に変更になりました。
スタートぎりぎりまで部屋で待機、雨で身体を冷やさないようウォーミングアップはホテルの廊下で行いました。2年前も同様にデュアスロンを経験しているので、今回は心に落ち着きがありました。
朝8時レーススタート。一歩目を踏み出した瞬間脚が軽く、今日はいけると思いました。
女子トップを走ることで、トライアスロンとは違った追いかけるレース展開から追われる展開になりましたが、後続は気にせずとにかく行ける所まで行くというスタイルで走りました。
ただ、2年前のデュアスロンの時にスタートから飛ばし過ぎてレース終盤に自滅してしまったので、その経験を生かしてウォーミングアップのつもりで気持ちよく走りました。
女子トップでバイクへ。
バイクパートに入っても雨と風は止みませんでした。今大会から今年1月に開通した伊良部大橋を渡り、宮古島と伊良部島を結ぶコースに大幅に変更になりました。
前半は追い風に乗り気持ち良く走れましたが、伊良部島から宮古島に戻る区間に入ると強烈な向かい風と横風に苦しめられました。しかし、雨と風という悪条件下のレースではバイクの実力がはっきり表れるので、バイクを得意とする私にとっては有利な展開になりました。
伊良部大橋の強烈な横風は怖かったですが、自分を信じて突っ込みました。
その後、向かい風区間で後続との差を一気に広げ、100km地点の東平安名崎では2位の選手に10分差をつけることに成功しました。
その後、追い風区間は気持ちよく、向かい風区間はリラックスを心掛け脚への負担もいつもより少なくバイクを終えることができました。
2位の選手に12分差をつけてランパートに移りました。
ランニングは3種目の中でこの1年一番力を付けてきたパートでした。
後続との差が12分あったことで、このリードを生かし攻めの走りではなく確実な走りをする作戦に切り替えました。前半の21kmは向かい風なので抑えめ目で入り、折り返してからの後半21kmは追い風に乗って気持ち良く走る戦略です。
ランに入る頃には既に雨が止み、蒸し暑くなっていました。それなのでエイドステーションでは身体を冷やし、5kmごとに塩分とパワージェルを補給。熱中症と脱水症状に気をつけて走りました。
残り4kmに差しかかっていたときに、突然気分が悪くなり吐いてしまいました。おそらく、下り坂で胃が上下した影響だと思います。深呼吸をし、気分が良くなるまで歩き再び走りはじめることができましたが、ペースを大きく落としてしまいました。
そこからフィニッシュまでの残り4kmがとても長く感じました。ロングのトライアスロンは最後の最後まで何が起こるか分からない。競技場に入った瞬間、やっと優勝を確信できました。
4年振りの勝利、ずっと目標にしてきた3度目の優勝に手が届きました。
宮古島大会は私がトライアスロンをやってみたいと思ったきっかけの大会であり、今も私のモチベーションを最高に高めてくれる大会です。そんな大会で3度優勝することができました。
また昨年までの不調から、この1年は今までの自分を捨てて新たな自分を作る取り組みをしてきました。その成果が発揮できたことが嬉しく、復活できたのではないかと思います。
今回の優勝で、山倉紀子さんの持つ女子の歴代最多優勝記録に並ぶことができました。
新たな歴史に名を刻めるよう来年も優勝を目指して取り組んでいきたいと思います。
次のレースは5月10日のアイアンマン70.3ベトナム大会に出場します。
今後とも応援を宜しくお願い致します。

株式会社 ライムメンバーズ 酒井絵美


リザルト
順位 選手名 スイム ラン、バイク 第2ラン 総合タイム
1位 酒井絵美(群馬県) - 5:13:30 3:36:07 8:49:37
2位 石井麻実(東京都) - 5:26:02 3:35:23 9:01:25
3位 Julia Bohn (ドイツ) - 5:28:58 3:35:03 9:04:01

[使用機材]
バイク: SCOTT Plasma5
コンポーネント: Shimano Dura-Ace 9070 Di2
ペダル: Shimano PD-9000
ホイール: Shimano WH-9000 フロントC50 リアPROディスク
バイクシューズ: Shimano プロトタイプ
アクセサリー: PRO トライアスロンサドルマウントケージ
ヘルメット: KABUTO Aero K-2
バーテープ: KABUTO BT-06
ボトルケージ:KABUTO PC-3
補給食: ジェルブラスト、パワーバー、パワージェル、TOP SPEED
ドリンク: Carry-H
時計:GARMIN ForeAthlete 920XTJ
サングラス:Smith Optics PIVLOCK V2
ランシューズ: HOKA One One HUAKA
サプリメント: Kentai BCAAシトルリン、塩サプリ、スポーツドリンク
メカニックサポート: Shimano、メイストーム
バイクフィッティング:Retul、BIKEFIT(SunMerit Bike Fit Studio)

レポートのトップへ




▲このページのTOPへ