Power Bar -power to pushHOME ホームNEWS&REPORT ニュース&レポートPRODUCTS プロダクトATHLETE アスリートWEB SEMINAR WebセミナーBLOG ブログWEB SHOPSHOP LIST
NEWS&REPORT ニュース&レポート

レポート

【アスリートレポート】酒井絵美選手
2014 アイアンマンジャパン北海道大会

日時 2014年8月24日
場所 北海道洞爺湖町、壮瞥町、豊浦町、真狩村、留寿都村、喜茂別町、京極町、ニセコ町、蘭越町、倶知安町
距離 Swim 3.8km / Bike 180.2km / Run 42.2km


前日まで降り続いた雨も上がり、暑くもなく寒くもなく、絶好のコンディション。
プロカテゴリー男子が6時にスタートし、プロ女子は1分後の6時1分にスタートしました。
スタートも上手くいき、前を泳いでいた4名の集団の後ろにつくことができました。
しばらくすると、その4名の集団が2人ずつに別れて泳ぎだし、そこでそれぞれがペースアップしたこともあり、その集団から徐々に離されてしまいました。
集団の後ろにつくことができて安心した、一瞬の気の緩みが招いたミスでした。
そこからは、前は見えているのになかなか追いつくことができませんでしたが、それでも前の集団を見逃さないよう集中して泳ぎました。
トップとの差は10分、8位でバイクパートへ。

バイクコースは平地あり、緩くて長いアップダウンありと世界各国のアイアンマンシリーズでもハードなコースの一つに入ります。
昨年も同じコースを走っているので、どんな走りをするかはイメージができていました。
洞爺湖の湖畔沿いを走り終え、最初の3.5kmの長い上り坂でトップとの差が8分半であることが分かりました。
このままの勢いで徐々に差を縮めていきたかったところでしたが、アップダウンコースをリズム良く走ることができず、強い向かい風にもやられてしまい、脚が止まってしまいそうな場面が何度かありました。
なかなか前との差を詰めることができず、バイク中盤は我慢の走りになりました。
昨年は、バイク後半にハンガーノック(極度の低血糖状態に陥ること)になり、そこで大幅にペースダウンをしてしまった反省を生かして、今年はバイクパートでの補給を緻密に行いました。
その成果もあり、バイク後半は失速もせずに計画通りに走ることができましたが、バイク中盤にいまひとつペースアップできなかったことが、バイクタイムが伸び悩やんだ原因でもありました。順位を4位に上げてランパートへ。

ランニングは今年一番力を入れてきたパート。
宮古島大会後から走り方を一から見直し、練習を重ねてきました。
その成果が7月に出場したオリンピックディスタンスレースでも発揮され、今回はどれ位で走れるかを楽しみにしていました。
最初の10kmまでは練習してきた通りのペースで走れたのですが、それ以降は同じ心拍数で走っているのに1kmごとのラップタイムは徐々に落ちてきて、ペースが上がらなくなってきました。
それ以降はとにかくペースを落とさないようにすること、気持ちで負けず、とにかく今のベストを尽くすことに集中して走りました。
順位は変らず4位でフィニッシュ。
練習の成果は10kmまでしか持ちませんでしたが、これが今の実力です。
少しずつ改善されてきているので、次回、その次と練習の成果を発揮できるようにしていきたいです。

身体も健康な状態に戻ってきており、宮古島大会後からの3ヶ月間は集中して練習を積むことができました。
以前の私と比べればレベルアップして来たのは確かです。
ただその能力を、まだアイアンマンの距離で発揮できるまでにはなっていませんでした。
今大会、満足いく結果は出せませんでしたが、生まれ変わった自分になる為の過程と思い、これからも地道に練習に取り組んでいきたいと思います。
次のレースは10月4日のアイアンマン70.3韓国大会に出場します。
今後とも応援を宜しくお願い致します。

2014年9月8日
株式会社 ライムメンバーズ 酒井絵美


リザルト
順位 選手名 スイム バイク ラン 総合タイム
1位 Shiao Yu Li(Taiwan) 1:04:34 5:31:05 3:17:05 9:58:30
2位 Jessica Fleming(Australia) 1:00:19 5:33:54 3:26:32 10:06:49
3位 田中敬子(Japan) 56:42 5:44:39 3:22:43 10:09:24
4位 酒井絵美(Japan) 1:06:50 5:43:56 3:42:06 10:39:42
5位 松丸浩巳(Japan) 1:07:25 6:00:08 3:41:32 10:54:29

[使用機材]
バイク: SCOTT Plasma Premium
ハンドル: Shimano PRO ミサイルEVO TTバー
コンポーネント: Shimano Dura-Ace 9070 Di2
ペダル: Shimano PD-9000
ホイール: Shimano WH-9000 フロントC50 リアC75
バイクシューズ: Shimano SH-R260
ヘルメット: Kabuto KOOFU WG-1 ARC
ウエットスーツ:メイストーム
補給食: ジェルブラスト、パワーバー、パワージェル、TOP SPEED
時計:GARMIN ForeAthlete 220J
ランシューズ: On Running CLOUD
ドリンク、サプリメント: Kentai BCAAシトルリン、塩サプリ、スポーツドリンク
メカニックサポート: Shimano、メイストーム
バイクフィッティング:Retul、BIKEFIT(サンメリットバイクスタジオ)
サングラス: Smith Optics PIVLOCK V2

レポートのトップへ




▲このページのTOPへ