Power Bar -power to pushHOME ホームNEWS&REPORT ニュース&レポートPRODUCTS プロダクトATHLETE アスリートWEB SEMINAR WebセミナーBLOG ブログWEB SHOPSHOP LIST
NEWS&REPORT ニュース&レポート

レポート

【アスリートレポート】酒井絵美選手
アイアンマンケアンズ レースレポート

日時 2012年6月3日(日)
場所 オーストラリア クイーンランド州 ケアンズ
距離 Swim 3.8km / Bike 180km / Run 42.2km
結果 プロカテゴリー7位 10時間43分04秒


今シーズン3戦目、アイアンマンケアンズに出場してきました。
前回の南アフリカ大会から6週間、アイアンマンの連戦。身体は正直回復しきれていかなったけれど、すべては10月のアイアンマンハワイ出場の為に調整してきました。

前日までは雨が降ったり止んだりの繰り返しだった天気も、当日は朝から快晴。スタート前にはきれいな朝焼けを見ることができた。

プロカテゴリーは7時5分スタート。
透明度はあまり良くなかったが、波はほとんどなく泳ぎやすかった。スイムは今年調子が良く、何より3.8kmのスイムが長いと思わなくなった。それでもまだまだトップ集団との差は大きく開いてしまうが、自分の中では良い感触でスイムアップできた。トランジッションを素早く終えて8位でバイクへ。

バイクはケアンズの街を抜けて海岸線を北上、ポートダグラスという観光地を2往復する。標高が一番高い所でも58mと平地基調のコース。しかし、実際に走ってみると小刻みなアップダウンの繰り返しが続く。日本で例えるならば、伊豆や熱海方面の海岸線を緩くした感じのコースだった。

序盤から良く脚が動く。アップダウンコースは得意としているので、積極的に前を追った。最初の折り返し地点で前との差を確認することができた。そんなに離れてはいなかったので今のペースをキープできれば差は詰まると思ったが、終盤にペースダウン。その時点でかなり脚にダメージがきていて、ランへの不安が頭をよぎった。
順位を2つ上げて6位でランへ。

ランは20kmまではワンウェイ、残り20kmはケアンズの街を往復するコース。
案の定、最初から脚が動かない。 調子の良い時は、脚が勝手に前に進むイメージだけど、今回は動かない脚を無理矢理前に出して走った。2kmごとにあるエイドステーションを起点にして何度も脚を冷やし、気持ちを入れ直したが、脚は動かず我慢の走りになってしまった。ケアンズの街に戻ってきた頃にはジョギングペースまでに落ちてしまった。終盤に1人に抜かれる。悔しかったが今の自分には食らいついていく力は残っていなかった。1つ順位を落とし、7位でゴール。

今回はランで大失速してしまったけれど、最後まで粘ってこの順位をキープできたこと、ポイントを獲得でき、アイアンマンハワイ出場の道へまた1歩前進できたこと。次につながるレースができた。

また、今年に入って力を入れてきたバイクの力が戻ってきたことが、何よりも自信になった。今までは得意種目だったバイクの練習量を減らして、他の種目に時間を割いていた分、バイクでの絶対的な自信がなくなってしまい、ここ数年自分らしい「バイクで攻める」レースができていなかった。これから更に調子は上がると思うので楽しみだ。

次のレースは6月24日のアイアンマン70.3セントレア常滑ジャパン大会を予定していますが、今の体調と相談して今後のスケジュールを決めたいと思っています。

今現在のアイアンマンポイントランキングは27位。8月末までに、アイアンマンワールドチャンピオンシップ(10月13日ハワイ)の出場権を獲得できるトップ30に入ることがまずは目標です。

今後とも応援よろしくお願い致します。

2012年6月6日
東京ヴェルディトライアスロンチーム 酒井絵美

リザルト
1位 Lester Carrie (Australia) 9:21:00
2位 Harper Belinda (New Zealand) 9:22:42
3位 Hammond Candice (New Zealand) 9:24:45
4位 Granger Belinda (Australia) 9:32:16
5位 Hoschke Rebecca (Australia) 9:39:53
7位 Emi Sakai (Japan) 10:43:04

バイク: SCOTT Plasma Premium
ハンドル: Shimano PRO ミサイルEVO TTバー
コンポーネンツ: Shimano Di2
ホイール: Shimano DuraAce フロントC50 リアC75(プロトタイプ)
ペダル: Shimano DuraAce PD-7900
バイクシューズ: Shimano SH-TR71(カスタムモデル)
ヘルメット: OGKカブト エアロK1
補給食: パワーバー、パワージェル
ウエットスーツ: メイストーム
レースウエアー: 2XUコンプレッショントライスーツ、レースベルト、パフォーマンスローライズソックス
時計: POLAR RX5
ランシューズ: BROOKS Racer ST5
ドリンク、サプリメント: Kentai BCAAシトルリン、塩サプリ、スポーツドリンク
メカニックサポート:メイストーム
バイクフィッティング:BIKE FIT(サンメリット)
トレーニング: アクラブ稲城

レポートのトップへ




▲このページのTOPへ