Power Bar -power to pushHOME ホームNEWS&REPORT ニュース&レポートPRODUCTS プロダクトSUPPORT サポートWEB SEMINAR WebセミナーBLOG ブログWEB SHOPSHOP LIST
ATHLETE アスリート


竹谷 賢二

1969年生まれ、東京都出身。

フルタイムワーカーとして働きながらMTBレースに参戦し、1999年、チーム・スペシャライズドに加入。2000年に初めてMTB全日本選手権優勝を果たす。31歳でプロライダーに転向後も3度全日本選手権を制し、計4度の全日本チャンピオンに輝く。2004年、MTBクロスカントリー日本代表としてアテネオリンピックに出場。2002年には釜山アジア大会で金メダル獲得、2004年にはMTBアジア選手権大会でも優勝を果たすとアジア一の実力者でもあった。

2009年の全日本選手権を最後にMTBプロライダーを引退。現役引退後はスポーツバイク・アドバイザーとして活動を開始。トップアスリートとしての経験を活かして各種レースやイベント、スクールで持っているノウハウを惜しみなく提供し、スポーツバイクの適切な普及と発展に携わる。客観的な科学的トレーニングとわかりやすいライディング理論に定評があり、『バイシクルトレーニングブック』『バイシクルライディングブック』の著作や各種メディアの監修などを通して、全てのサイクリストのスキルアップ、レベルアップを目指す。

2012年より本格的にトライアスロンに参戦。ハワイ・コナで開催されたアイアンマン・ワールドチャンピオンシップ、マウイでのXTERRAワールドチャンピオンシップにおいて、それぞれ完走する「ダブル」を達成。2013、2014年とコナにも出場、国内のトライアスロン大会でもプロに肉薄するパフォーマンスを発揮している。現在、放送中の自転車情報番組『チャリダー★ 快汗! サイクルクリニック』(NHK BS1)にサイクルアドバイザーとして出演し、適切な乗り方をわかりやすく、そして面白おかしく伝えることにも奮闘中。2014年10月、エンデュランススポーツ(持久系スポーツ)を通して生涯現役をサポートする「株式会社エンデュアライフ」を設立。

スペシャライズド契約アドバイザー
ポラール契約アドバイザー
日本マウンテンバイク協会公認インストラクター
財)日本体育協会公認スポーツ指導者自転車コーチ
Body Geometry Fit スペシャライズドジャパン認証フィッター

(資料 takeyakenji.com


これまでの主な活動内容・戦績
2000年 全日本選手権 優勝
2001年 全日本選手権 2位
2002年 アジア競技大会(韓国釜山) 優勝
ジャパンシリーズ 総合優勝
2003年 全日本選手権 優勝
ジャパンナショナルランキング 1位
2004年 五輪日本代表選手選考大会 優勝
アテネ五輪日本代表
アジア選手権(フィリピン) 優勝
全日本選手権大会 2位
ジャパンナショナルランキング 2位
2006年 全日本選手権 優勝
ジャパンナショナルランキング 1位
ジャパンシリーズ 総合優勝
2007年 全日本選手権 優勝
2010年 SDA王滝5月100km 入賞
SDA王滝9月120km 3位
乗鞍ヒルクライム 入賞
その他、MTB、ヒルクライム、ロード、エンデューロなどの招待レース&イベント多数出場
各種セミナーなどの開催
王滝トレーニングキャンプ
POLAR心拍トレーニングアカデミー
SPECIALIZEDコンセプトストアワークショップ&セミナー
ジャパンシリーズ 総合優勝
2011年 野辺山シクロクロス マスタークラス 2位
XTERRAチャンピオンシップ 2位
SDA王滝120 4位
SDA王滝100 7位
他各種MTBイベント、ロードイベントゲスト参加、講習&セミナー開催多数
2012年 トライアスロンを加えて、上記活動を継続中
2013年 IRONMAN世界選手権出場
宮古島トライアスロン 総合17位、エイジ 2位
IRONMANジャパン エイジ 2位
IRONMANケアンズ エイジ 5位
SDA王滝など国内MTBイベント、センチュリーライドなど参加多数
TV番組、トライアスロン雑誌連載など露出多数
スクール、講座など実施多数
2014年 宮古島トライアスロン 総合18位
ツール・ド・宮古島 3位
IRONMAN JAPAN 北海道 エイジ45-49 1位(総合9位)
SDAキングオブ王滝
SDA王滝100kmコースレコード
IRONMANワールドチャンピオンシップ(コナ) 完走
2015年 MTB全日本選手権マスターズクラス 優勝
IRONMANニース エイジ45-49 8位
SDA王滝120K
IRONMANワールドチャンピオンシップ(コナ) 完走
2016年 IRONMANアジアパシフィック・チャンピオンシップ(ケアンズ) エイジ6位(総合49位)
IRONMANワールド・チャンピオンシップ(コナ) エイジ44位(総合488位)

パワーバーを使い始めた年 もう愛用して長いので詳しくは覚えていませんが、はじめて口にしたのは90年代、2000年代にプロ選手として活動していた時には、レースのパフォーマンスアップと効果的なトレーニングのために欠かせない存在でした。
将来の大きな目標 生涯現役!一生エンデュランススポーツを行い、広め、楽しんでいきたい!
パワーバーの中で好きな商品
(及びフレーバー)
PowerGel Shots(グミ)、PowerGel梅味・グリーンアップル味、Energizeベリー味
トレーニングの時の使用方法 バイクのロングライドでは、固形のPowerGel Shots、Energizeを中心に1時間あたり1ポーションを摂取。ランでは10kmを超える場合に、ジェルを10km毎に摂取
レースの時の使用方法 消費リロリーを試算して、その大部分をジェルで摂取、補給。例えばSDA王滝100kmでは、4,000〜5,000キロカロリーを消費します。カロリー補給の目安は1,000〜2,000キロカロリーとなり、ジェルを8〜12本をフラスコに移し替えて携行し、他固形のPowerGel Shotsなどを少量持参して、30〜40分毎、1時間あたり300キロカロリーを目安に摂取。





 


アスリートのトップへ
▲このページのTOPへ